毛抜きで脱毛

脱毛の方法として、抜くことに着目してみましょう。
抜く脱毛は、自宅では毛抜き、家庭用脱毛器、脱毛テープなどを用いる方法です。

抜くことは、一見するときれいになったような気がします。
本当にその気になるだけで、肌には多大な影響を与えることが多いとされています。
毛抜きでの抜く行為のあとに、痒くなったり、痛みがでたり、炎症が起こることも多いです。

そして、毛抜き脱毛でのトラブルでもっとも多いのが、毛穴がブツブツとなってしまうことです。
これは、毛抜きで無理に毛を抜いた際に、毛細血管からの出血が起こったり、そこにばい菌などが混入して炎症を起こしているからです。

ばい菌や炎症といっても、大した痛みもありませんし、直に治ってしまうもので、そのままにしてしまうのですが、何回もくり返すトラブルに関しては、肌そのものも汚くなってしまい、シミや色素沈着の原因を作ってしまうことも多いです。

また、毛抜き脱毛に多い埋没毛は、きちんと抜ききっていないままになってしまうことで、残った毛が成長してしまい、まっすぐ生えないことが原因です。
こうして考えると、毛抜きでの脱毛そのものは、あまり良い行為とはいえないことかよくわかります。
たった一本の毛抜きだとしても、肌にも毛穴にも決して良くないものだと理解できます。

ただスポッと抜ける毛抜き脱毛に関しては、その行為そのものを痛痒いけれど、気持ち良いと思ってしまってくり返し脱毛している方も少なくありません。